猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

猫またよや。

おそらく「むしゃくしゃしたから」という理由だけで、真夜中にハナヲに左足をがぶりと噛まれた。
エアコンは切っていたがまだ部屋はひんやりしていたし、水はあるし、トイレも普通に掃除してあったし、朝までまだ時間があったはずなのに、何にいらいらしていたのだろうか。
あまりにも痛く、腹が立ったので、今度近づいて来たら鉄拳制裁だと思っているうちに再び眠りに落ちてしまった。

朝起きると、左足に違和感。
眠くても起き出して噛まれた直後に消毒するんだった。

以前、ハナヲにひっかかれた指からばい菌が入り、「ひょうそう」になったことがある。
手のひらや足の裏の皮膚は分厚く、他の箇所だと膿がすぐ外に出るのに対して、膿が中にこもり、痛みが強くなるといった病気であった。
その痛みたるや知らない間に骨が折れていたのかと思うほどの激痛で、何科に行くべきか迷ったが、いちばん痛む箇所が以前から治療中の指だったこともあり、休みの日にかかりつけの皮膚科に電話して病院を開けてもらい、薄暗い部屋の中で指を切ってもらい、膿を出したのだった。
ちなみに、「ひょうそう」には2回なっていて、2回目は親指の付け根に膿がたまったみたいになっていて、内服薬で治療した。

今日の足の痛みはその2回目の「ひょうそう」のときの痛みにちょっと似ている。
こもるような痛み。
気合いで治ればいいが。

おのれハナヲ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-29 12:59 | 日記