猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

パラレルワールド。

おだやかな夢を見ていた。
取り立てて何が起こるわけでもない平和な時間がただただゆるやかに流れていた。

相変わらず職場は戦場のようで、ツッコミどころは満載だった。
私は舌先に黒い力をこめ、誰かを木っ端みじんにしたい誘惑に幾度もかられた。
でもしなかった。
衝動が私を襲うたびに今朝の夢の光景を頭に浮かべた。
心が凪いでいくのが分かった。

無意識が見せる架空の世界に思いをはせること、そこから勝手に力を受け取ること。
そんな力だけでここまで生きてきた。
by nekomachi_fumiwo | 2009-12-17 23:59 | 日記