猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
そろそろバレンタインについて考えなくては。
相変わらずチョコレートについてはよく分からない。
自分はかなりチョコが苦手なので、数粒のチョコで1年くらい持ちそうに思えるが、大好きな人たちはチョコを噛むようだし(何度聞いても驚きの事実)、噛めばチョコはあっという間になくなってしまうだろう。
(これは多いのか?少ないのか?)
考えながらくらくらしてくる。
いつもの季節を繰り返している。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-02-10 23:59 | 日記

雪まつり@Twitter。

昨日は東京にもたくさん雪が降ったらしく、Twitterでたくさんの雪だるまを見た。
それらはもはや雪だるまを超えた何かだったが、楽しそうなのはいい。
雪の影響での交通事故など笑えないこともたくさんあるが、雪には結構な大人もはしゃいでしまう。
平和だなあ。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-02-09 23:59 | 日記

(大)雪。

雪だった。
雪の降らない赤穂にしては大雪。
近所にはさっそく雪だるまができていて、やはりそれくらいはしゃがなくてはいけない気がする。
長靴とカッパで雪を楽しむ私。
b0070470_18201366.jpg

[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-02-08 23:59 | 日記

キムチ鍋デイズ。

一昔前とは大きく様子が変わったなと思うのはスーパーの鍋料理のスープのコーナーだ。
昔は瓶に入って売られていたそれらは今や分厚いビニールパックに入れられ直立している。
落としても割れないのに一応直立するそれらは品出しをする者にはありがたいものだろう。

変わったのはパッケージだけではない。
味も多種多様だ。
一昔前ならとても受け入れられないような味の鍋料理も幅をきかせているし、それがどれも美味しい。
世の中は絶えず進化している。

が、自分はやはり自分のやり方で作る鍋料理が最高に美味しいと信じており、毎冬書いている気がするがそれはキムチ鍋だ。
キムチ鍋が最高に素晴らしいし、キムチ鍋を食べ続けている時が一番体調がいいように感じられる。

まだ二月。
春になるまでえんえんと食べ続ける。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-02-07 23:59 | 猫町フミヲの胃袋万歳!

発送。

ちょっとしたフィーバーというか、自身が働いている店の通販部門が盛り上がっている。
どうもありがとうございます。

メールでのやりとりは非常に気をつかうが、やりがいもある。
商品を購入していただくことになり、入金の確認をへて、発送作業へと移る。
この発送作業がどうにも楽しい。

子どもの頃、毎日のように手紙を書きたいのに出す相手がいなくてさみしかった。
切手を買うおこづかいがあっても、出す相手がいないのではどうしようもない。
仕方なく近所の友達に手紙を書いたが、自分ほど筆まめではなかったために楽しい文通にはならなかった。

発送作業をしていると、そんな幼少期の記憶がよみがえる。
あの時さみしかったり、悔しかったりした分が今なんだと思うこともある。

今自分の手もとにあるものが運びに運ばれ、遠くに行く。
その果てしなさをとても愛している。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-02-06 23:59 | 日記

エプロン。

妹に導かれ、三宮のアニメイトカフェというところに行く。
普段アニメには縁がないのでアニメイト自体久しぶりでなかなか興味深かった。

小売店に行くと無意識にエプロンをチェックしてしまう癖があり、それは(いつかここで働くことになるかもしれない)と思うからである。
そしてその場合、そのエプロンは自分に似合うだろうかと必ず考えてしまうのだ。

アニメイトのエプロンは紺色のデニム。
生地もしっかりしていていい感じ。
今はまったく見分けがつかないマンガだが、本屋で働いていたこともあるし仕事もすぐに覚えられるだろう。

働く予定はないが、なんとなく安心した私である。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-02-05 23:59 | 日記
娯楽のない田舎なので、100均さえも楽しい。
必要なものがあって買いに行っても、絶対に不必要なものまで買ってしまうし、買わないまでも見て歩くだけでヒントがある。

見すぎると、「こんなものまで100円…」としだいにむなしい気持ちになっていくが、「こんなものまで100円…」な時代だからこそ、今あるものをどう評価すべきかの新たな指標を得た気持ちになる。

何も感じないのは危険だ。
いろんなものに刺激され、自分の考えを整理したり、再構築したりしながら生きていく。
100均の存在意義は案外深いと私は思っている。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-02-04 23:59 | 日記

恵方巻。

いつの間に流行ったのか分からないとされる恵方巻。
元はコンビニの戦略だったのかもしれないが、毛嫌いするほどのものでもない。
妙な風習だがまあ今年もまるかぶっておいた。

何よりこれはこの日だけ主婦が楽できるというのが大きいと聞く。
こういうの、母の日とかより重要なんじゃないかしら(家事的に)。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-02-03 23:59 | 日記

また女子力。

昨日の続き。
まあ気持ちは分かるが、やっぱり言い出した。
「女子力」。

いつになったらこの言葉が廃れていくのかなと思う。
このキーワードで時代を総括したり、扇動しようとしている人たちが本当に苦手だ。

が、いったい自分はなぜ「女子力」や「女子会」の響きが嫌なのかについて考え始めると、案外根の深いものがそこにあるような気がして陰鬱な気持ちになる。
それはこういうところでぼやいてすませる問題ではなく、じっくりと一人で深めるべきことなのだろう。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-02-02 23:59 | 日記

美しい研究者の思い出。

小保方さんという若い女性の研究者が新しい細胞を発見したことが話題となっている。
が、マスコミは発見そのものを報じることに早々に飽き、研究者自身について報じることにシフトしたようだ。
おそらく世間一般の研究者像からいい具合に外れていることが興味を惹いたのだろう。

この一連のニュースを見て、私が思い出していたのは大学院時代のことだ。
同級生にも下級生にもいろいろな人がいた。
おしゃれが大好きな人もいたし、身なりに全然かまわない人もいた。
が、それらと研究とはまったく別のところにあった。

おしゃれだから研究は二の次というわけでもなかったし、身なりにかまわないから研究に集中できているというわけでもなかった。
誰よりもおしゃれなのに怖いほど頭が切れる人もいたし、身なり同様頭の中が散らかっている人(私です)もいた。

いろいろいるんだけどなあ…が今回の報道の私の感想。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-02-01 23:59 | 日記

また新月。

新月とともに始まった1月も終わり、また新月がめぐってきた。
この1ヶ月私はいったい何をしていたのだろう。

あ、体調を崩していたんだった。
口内炎、@@、肩こり頭痛…
私だけじゃなく、他の家族も。

当たり前のことだけど、健康よりも大切なものはないなと思う。
そのことに失う前から気づいていたい。
そしてその幸福をかみしめていたい。

また新月。
新しい気持ちで始めたいことがたくさんある。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-01-31 23:59 | 日記

やわらかな石を抱いて。

こたつでうたた寝を始めると、猫がお腹の上に乗ってくる。
そのせいか、こたつのうたた寝ではろくな夢を見ない。

華奢な猫だが3キロはある。
ちょっとした「石抱」みたいなものか(全然違うだろう)。

そもそもうたた寝自体がよくない。
分かっている。
分かっているが、こたつにずり込んでいく私のお腹にいそいそとよじ登る猫を見届けて眠りに落ちていくのは、やはり幸せ以外の何ものでもない。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-01-30 23:59 | 日記

仮面の告白(眼鏡)。

すぐに慣れてしまうとは思うが、新しくした眼鏡のレンズがぴかぴかすぎてもったいない。
なので、風呂上がりなどは絶対に普段かけないどうでもいい眼鏡をかけてみている。

この「どうでもいい眼鏡」というのが曲者で、とにかく似合わない。
恐ろしいほど似合わない。
なんでこんなものを買ったんだろうと思う。

値段は普段愛用しているものよりもずいぶん高かったはずだが、たとえ高価でいい眼鏡でも自分に似合っていないなら意味がない。
こういう残念な眼鏡が2つもある。

実はこれらの眼鏡はおしゃれな友達にすすめられて買ったものだ。
おしゃれ方面にまったく詳しくない私は、おしゃれな友達にすすめられるがままにおしゃれな眼鏡屋に行き、おしゃれな店員さんとおしゃれな友達が選んでくれたおしゃれな眼鏡を信じて買った。

それがまったく似合わない。
眼鏡は確かにおしゃれだが、私にはまったく似合わないのだ。
ハイレベルすぎるとでも言おうか。
単にそれをかけておけばおしゃれに見えるようなレベルではなく、その眼鏡のためにまず己を高め、そのうえでさりげないアイテムとして使う、みたいなとんでもない感じがある。

実際にかけたところを見ていただければ眼鏡に振り回されている感じが一目瞭然だが、この眼鏡で誰かに会うつもりはない。
仮面舞踏会の仮面みたい、とだけ言っておこう。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-01-29 23:59 | 日記

曇りなき眼(レンズ)。

先日眼鏡のレンズを新しくした。
傷だらけの瞳(レンズ)から曇りなき眼(レンズ)へ。

やっぱり全然違うわ。
昨秋からの目の疲れや肩こり…みんなレンズの傷のせいだったんじゃないかと思うほど。

今度は大事にしよう。
猫に顔をうずめる時は眼鏡外そう。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-01-28 23:59 | 日記

SPEC。

『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』というドラマが好きで、以前見たが、映画のために復習の意味で録画していた再放送をまとめて見た。

やっぱりおもしろいなあ。
最初うさむしにすすめられて見た時は、(ふーんこんなのもあるんだ)くらいの印象だったが、(え?不思議能力肯定系?)と徐々に話に引き込まれ、5話くらいからぐっとおもしろくなってくる。
単純な私は展開が分かっていても心臓ばくばくだ。

実はまだ「翔」も「天」も「零」も見てなくて、要するに通常のシリーズしか知らないわけだが、スペシャルなそれらを見る前に準備は必要。
今その仕込中。

それにしても冷泉さんが好きすぎる。
あと津田が男前すぎる(顔)。

冷泉さんと津田が寿司を食べるシーン。
あの時の津田最高(顔)。
[PR]
# by nekomachi_fumiwo | 2014-01-27 23:59 | 日記