猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イケナイコト。

たまにはイケナイコトもしてみたくて、今日はマックに行った。
ジャンクフードは大好きだが、日々我慢している。
我慢は趣味みたいなものだが、時々馬鹿らしくなる。

久しぶりに行ったマックは、はたしてガラガラだった。
最近の異物混入報道の影響だろうか。
休日の昼間という一番混んでそうな時間帯に行ったにもかかわらず、私の他には1組しかいない。

店員も手持無沙汰で、作る量を調整しているのか、なかなかスムーズに出てこない。
ぼんやりと店内を見渡すと、ぴかぴかだし適度にざわざわしているしで、ここで仕事をしたいなあなどと思う。

でも、ドリンク1杯でねばるのも悪いし、何か頼もうとするとジャンクフードばかり食べることになる。
ある程度はまぎれるくらいお客がいてこそだよなあと思う。

久しぶりに食べるハンバーガーやポテトはとても美味しい。
確かに異物混入は困ったことだが、ジャンクフードは自分の中では最初からイケナイコトの位置づけだ。
たまだからいいのだ、と言い聞かせながらゴキゲンな気分になった。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2015-01-12 23:59 | 猫町フミヲの胃袋万歳!

シンクロニシティ。

昨日はちょっと素敵なことがあった。
いわゆるシンクロニシティ。

Twitterで仲良くしていただいている方にDMでメッセージを送ったら、ちょうどその瞬間に数日前のメッセージへの返事が来たという、ただそれだけのことなんだけど。
それでも(何が起こった?)というくらい同時だったので、しばらく画面をじっと見つめてしまった。
というのも、普段こうしたやり取りをほとんどしないので。

この方とは以前にもこういうことがあって、全然何の脈絡もなく私がつぶやいたこととまったく同じものについてのつぶやきがほぼ同時だったことがある。
それも絶対に普段お互いが話題にしないようなものだったので、お互いに驚きあったものだった。

これらの偶然にユングの言うような深い意味があるのかどうかは分からない。
が、ユングのいた頃にはなかったTwitterといったツールで、本当に「ほぼ同時だったよ!」的なことが実感できるのは面白い。

私がユングを学んだのは遠い昔で、今はほとんど記憶に残っていない。
もともと難解な哲学がベースにあり、考えれば考えるほど分からなくなるようなところがあった。
が、夢分析にしろ、シンクロニシティにしろ、型にはめて考えるのではなく、それらの事象からふくらますイメージなんかを重要視していたような感触が残っている。

と、ユングのことを考えていたら、大学院時代の友人から、「今、@@大学にいるよ!なんだか猫町さんにメールしたくなってしまいました」とメールが。
友人は初めて行った@@大学で、その大学出身の私を思い出してメールをくれたのだった。

メールのやり取りなんて何年もしたことがない友人だった。
久しぶりのメールが、ユングを学んだキャンパスからのメールとは。

これらの出来事は朝の短い時間にぱぱっと起こった。
どれも単なる偶然であり、深い意味もなく流れていく日常のひとコマではあるが、幸せな気分はしばらく続いた。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2015-01-11 21:24 | 日記
十日戎ですね。
いいな、えべっさん。
大阪は遠くなりにけり。

えべっさんは帰る方向が同じというだけの同僚と行ったこともあるし、仲のいい同僚と行ったこともある。
もちろんうさむしと行ったこともあるし、まにさんと行ったこともあるし、三人で行ったこともある。
おみくじを引いて凶が出たこともあるし、立ち食いが下手すぎて「はしまき」を落っことしたこともある。

そういえば熱が出て行けなかった年に、うさむしとまにさんが車にはねられたこともあったなあ。
あの時は「フミヲやったら死んでたで」と後で言われたものだった。
死ぬのは大げさにせよ、自分なら骨くらい折っていたかもしれない。

えべっさんには大阪の思い出がいっぱいある。
なんばCITYのあたりからえんえん続く屋台や、今宮戎近くの人ごみ、人の少ない路地に路地に入っていく感じ。
懐かしいなあ。

こんな風にいろんなえべっさんを思い出すけれど、一番心に残っているえべっさんは年上の友達と行ったえべっさんだ。
あの頃私はちょうどむちゃくちゃ落ち込んでいて、どうしたらいいか分からないことがいっぱいあって、毎日が最悪だった。

年上の友達は話を聞いて、美味しいものを食べようと言ってくれただけだったように思うが、なんだかとてもほっとした気がする。
何を話したのか、何を話せなかったのかまったく思い出せないが、年上の友達の声と、友達のだんなさんがおいしそうに何かをほおばっている姿をぼんやりと思い出す。

えべっさんと聞くと、今でもあの一番つらかった頃のえべっさんが浮かぶ。
戻りたくないほどのつらい日々を懐かしむほど私は大丈夫になったのだろう。
あの頃のうつろな瞳の自分に一瞬でもいいから耳打ちしてあげられたらと思う。

そんなことを考えていたら、その頃の日記を見つけた。

えべっさんと虎町夫妻。

日記にはぎりぎりの精神状態だったことは何も書かれていない。
今も昔も変わらない。
本当のことはいつも何も書かない主義だ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2015-01-10 21:24 | 日記

謹賀新年(遅)。

あけましておめでとうございます。
すっかりご挨拶が遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

昨年は途中から更新がストップしてしまい、再び草ぼうぼうになってしまいました。
3つのブログを管理するのはなかなか大変です。

今年はこちらもまた少しずつ書いていけたらと思っています。
あまり目標を高く設定せず、確実に一歩一歩歩いていく一年にしたいです。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2015-01-09 09:27 | 日記