猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー

<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

目の不調の原因メモ。

目の不調の原因とおぼしきものについて書きだしておく。

・「ジョーカー 許されざる捜査官」の再放送を5話分一気にまとめ見
・手書きのショップカードをこのひと月で100枚ほど書く
・大きめの100均ショップで商品をガン見
・パソコンに向かう時間の長さ

書きだすとたいしたことないが、そのいちいちに集中しすぎてるんだよなあ。
今夜もまだまだやることあるし。

とりあえずお風呂であったまってこよう。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-10-31 22:02 | 日記
近所のドラッグストアで分かったこと。

・おすすめの飲み薬はナボリン
・目薬を併用するのがよい
・目薬はビタミンB12が入ったもの
・目をあたためるのはよい
・目薬をしてから時間をおいてあたためればよい
・ブルーベリーのサプリはあくまでも予防(目のうるおいをキープ)

思ったよりも高くてビンボー猫町は何一つゲットできず。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-10-30 23:59 | 日記

目がピンチ。

ちょっと目の痛みがシャレにならない感じになってきた。
眼の奥の筋(?)を小人さんたちがわーいと雑巾みたいに絞っている感じというか。

あまりにも痛いので目を閉じる。
目を閉じるといえば「聖闘士星矢」のシャカだ。
あえて視覚を断つことで小宇宙を高めているシャカ。
なんとなく分かる気がするし、かっこいいと思うが、とりあえず私は普通に生きていきたい。

ということで、今夜も早々に切り上げよう。
目に悪いことをやめて、目にいいことをしなくては。
やはりブルーベリーとかになってくるのだろうか。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-10-29 23:15 | 日記
特に何をしたわけでもないのに(いや、したかもしれない)、激しく目が疲れており、それにともない頭痛もごまかせるレベルではなく、もう今夜はあまり欲張らないことにする。

前にうさむしからもらった花王の「蒸気でホットアイマスク」
贅沢なアイテムなので本当につらい時だけ使うことにしている。

アイマスクというのはそういうものかもしれないが、した途端まったく何も見えない。
寝ようと思っている時でさえ、電気のスイッチなんかも見えなくなるので、いよいよ布団に横たわってからつけることにしている。

やんわりぬくぬくし始めた頃には眠っていて、なんだかやさしいアイテムだ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-10-28 23:59 | 日記

こたつ生活始まるよ。

記録として。

こたつを出しました。
早速こたつで眠りました。

来年のGWまでノンストップのこたつライフ。
いったい何度こたつで眠るかカウントしたいと思います。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-10-27 23:59 | 日記
お肌の曲がり角、という言葉について考えていた。
いつも夜の8時半から10時半くらいまでの間に短く眠り、床に就くのが遅くなってしまうのだが、これってやっぱりお肌に悪いんだろうなと思って。

いや、そんなことは別によくて(よくないけど)、気になるのはお肌の曲がり角という言葉。
曲がり角を曲がった後どこに向かっているんだろう。

曲がり角を曲がらない場合はずっと一直線だったものが、曲がり角を曲がったばかりにあさっての方向に行ってしまう。
それどころか経験上お肌の曲がり角は何度もおとずれるから、ぐるぐる曲がって結局円を描くように戻ってきてしまうのではないか。
が、戻ったところでそれはもちろん赤ちゃんの肌に戻るというわけではない。

そもそもお肌はどこに向かっているのかという話だ。
というか、「向かう」とは?

気になってちょっと調べたら「成長曲線」のことらしい。
なーんだ。
ゆるやかなカーブか、急なカーブかって話か。
やっぱり興味がないことは調べもしないし全然だめだな。

ちなみにお肌の曲がり角は1回目が25~28歳頃、2回目が45歳頃らしい(諸説ある)。
私がお肌の曲がり角を最初に感じたのは30歳を過ぎた頃だったと思う。
さすがに化粧水をつけないとと思い始めたのがこの頃だったような。
それでもなんとかだましだましやってきて、33歳くらいから加齢を実感し始めた。
アトピーの治りが悪くなってきたというか。
そこから先はストレスがアトピーに直結して、かなり苦労した。

でも今は落ち着いている。
保湿して、できる範囲の紫外線対策をして、ビタミン剤を飲んでいるだけだが、かゆいところもないし満足している。
曲がり角をぐるぐる曲がって結局自分に一番合った自分らしい肌になったと思う。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-10-26 23:59 | 日記

いつものパタン。

(なぜかエラーで投稿できなかった昨日の分から)

まだこたつを出していないので、早めに布団を敷く。
途中うたた寝したくなった時にちゃんと布団にもぐり込めるように。

布団を敷くとすぐに猫が丸くなる。
そしてたちまち眠り始める。

これをほうっておくことがどうしてもできない。
かまいたくなる。

とぐろの部分に手をつっこんであたたかさを確認したり、無理やり握手したり。
はては猫の視線の高さに合わせて猫の顔を見つめ…

寝てしまうのだ。

目が覚めると猫はいない。
私一人が寝ている。

どアップで迫ったあと爆睡する飼い主をいったい猫はどう思っているのだろうか。
それも毎晩なのだ。

大島弓子の『綿の国星』では「毛糸弦」が特に好きだが、あんな感じでハナヲも私を見守ってくれてたらいいなと思う。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-10-25 23:59 | 日記

書き続ける。

ブログを書いているといろいろなことがある。
ほぼ言葉のみのやりとり。
おもしろくもあるし、誤解や行き違いも生じる。

こんな時、直接顔を見て話せたらと思うことがよくある。
顔を見て話すことで取り交わされる情報は、言葉だけのそれよりもはるかに多い。
言葉にどんな意味をこめたのか、そのあたりを補うことができる。

でも私は言葉を信じている。
顔を見て話せる範囲に限ってしまえば、私の世界はあまりに狭い。
腕によりをかければ言葉で世界が広がるなら、そうしてみたい。

万人に理解され、かつ快適である表現なんてないのかもしれない。
それでも努力は続けたい。
何も描けず、何も作れず、何も歌えず、何も奏でられない私に残されたただ一つのことが書くことだから。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-10-24 23:59 | 日記

書く。

昨日のあれこれを書き出して整理しただけで一日が終わろうとしている…
でも書くことにしたのは正解だった。
おかげで何が問題なのか分かった気がする。
そして自分が進むべき方向も。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-10-23 23:59 | 日記

めぐる。

また金木犀の香りが濃くなった。
いつも金木犀は二段階でやってくる気がする。

今日はなつかしい人に会いに行った。
いろいろな話をして、近況を知ったり、自分の心を整理したり。

行き帰りの電車の中で見たたくさんの人や光景、揺られながら考えたこと。
何度も反芻する。

紙に書き出して整理したい。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-10-22 23:59 | 日記