猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

おおつごもり。

疲労と極寒の中、根性でトイレ、お風呂、シンク、ガスコンロ周りを掃除しました。
ぺかぺかです。

今年も一年間いろいろとありがとうございました。
みなさん、どうかよいお年を。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-31 14:39 | 日記

仕事納め。

b0070470_053084.jpg

今日で仕事納めでした。
1月に新しい職場に移り、あっという間の一年でした。

2月のインフルエンザ、8月の帯状疱疹が強烈なインパクト。
それでもなんとか元気に年を越せそうです。

お疲れさま。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-31 00:05 | *手のひらより愛を込めて*

打ち上がる人々。

昨日で仕事納めというところが多かったようだ。
しかも昼までというところもちらほらあったらしく、お昼頃になるとビルのエレベーターホールあたりがわっとにぎやかになり、「お疲れさまでしたー」「よいお年をー」などと挨拶を交わし合う声が。
そしてその声には「今から一杯やりますかー」的なものが大いに含まれているのであった。

いいな…

まだまだ仕事です。
頑張ります。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-29 08:55 | 日記

ヒエラルキー。

毎日頑張って働いております。
時にはひどい言葉を投げつけられながら。
接客業の宿命ですな。
仕方ないとは思えどゆるしてはいない。

ときどき店員にえらそうにすることがかっこいいと思っている人がいるけど、救いようがない。
狼にでも育てられたのか。

店員を呼ぶときの第一声が「オイ」(大声)の人。
会計のときに商品を叩き付ける人。
お金をお皿に投げる人。

こちらに非がある場合はともかく、お客さんが苛々している経緯がまったく不明なときはどうしたらいいのか。
いい大人が情けない。
中には履歴書を買っている人などもいて、ここは笑うとこなのだろうか。

あと、これは仕方ないのかもしれないけど、携帯で電話しながらあごであれこれ指示して来る人や、イヤホンのせいでこちらの言葉が耳に入ってないので大きな声で話しかけたら(領収書の宛名など)すごく嫌そうにされるとかも意味不明だ。

販売店員なんてヒエラルキーの最下層だ。
それでもいい。
そこでできることを精一杯すれば人間としては最下層だと思っていない。

それでも疲れることは疲れる。
何度生まれ変わっても店員を馬鹿にしない人間になりたい。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-21 08:43 | 日記

兄者。

ぼんやり考えていることがあって、それはこの左腕というか左脇というかに潜む神経痛の名前のことだ。
右手中指の激しいアトピーの「ドラゴン」みたいに何か名前をつけてやらなければ。

朝起きたらやっぱり雨だった。
昨日一日痛かったし。
冷え込む前夜も痛むが、やはり天気が崩れるときの痛みのほうが主張が強いような。

なーフミヲ知ってるー明日なー雨やでー
うんうん
なーなー
分かってる分かってる

みたいな感じで。

一番近いイメージは『幽遊白書』の戸愚呂兄だ。
あの肩に乗っている感じ、悪いことをたくらんでいる感じ。
夏くらいから気づいていたが、そのまますぎるのと、あの人は良くない人なのであえて候補から外していた。

で、戸愚呂兄のビジュアルを確認しようとGoogleの画像検索をしたら、戸愚呂兄のコスプレをしている人などがいて(戸愚呂の肩に乗っかっている普通サイズの人たち)爆笑した。
何でもありや。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-20 08:01 | 日記

カモミール。

贈り物って本当にあたたかくて大好きだ。
それはモノだけでも心だけでもだめで、両方そろってはじめてあたたかい贈り物になる気がする。

最近あたたかい贈り物を相次いで受け取った。
うさむしからのクリスマスプレゼント(先日のはおまけのプレゼント)。
庶民の高嶺の花、セゾンファクトリー。
ありがとう。
b0070470_22135284.jpg
ひょんなことからうさむしのお友達にまで。
b0070470_22152072.jpg
こんなきれいな缶見たことない。
空っぽでもうれしかったのに、中身もちゃんとある。
ありがとうございます。

ちなみに中身はカモミールティ。
カフェインが入っていないから眠る前にも飲めるとのこと。
やさしさ。

缶ばかりを眺めているのもと思い、昨夜初めてカモミールティをいただく。
ウィキペディアのカモミールのページを読みながら。
その中の「ハーブティーや入浴剤として使用した後の花を土に埋め込めば、カモミールの効果がある土になる」という一文。

ちょうど植物について考えていたところだった。
私どうして植物じゃないんだろうとか。
生まれ変わるまで待てないなとか。

土から栄養を得るってどんな感じだろう。

茶こしに残ったカモミールを捨てられない間に眠気が来て、こたつの上に載せたバスタオルに顔をうずめてそのまま眠ってしまった。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-19 22:29 | 日記

リーダー。

連日報道されている蝦象みたいな人のニュースで、「元リーダー」という呼称を耳にするたびに(ププー!恥ずかしすぎる呼ばれ方!)、古谷実先生の『グリーンヒル』のリーダーを思い出してしまう猫町です。

他にも『ウイングマン』の主人公もリーダーと呼ばれていた気がするし、『ハイスクール!奇面組』の一堂零とかもリーダーなのだが、私の中のリーダーはあのリーダー。

あのマンガは素晴らしい。
バイクマンガなのに、全然バイクと関係ないところがいい。

何よりも私は古谷実先生の描く、徹底的にぶさいくな人の顔が好きだ。
もう好きすぎる。

そういえば先日うさむしにもらったクリスマスプレゼント。
b0070470_2256523.jpg
前野!
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-16 22:59 | 日記

かみしめる。

昨日の「相棒」は厳しかった。
厳しすぎた。
努力をしてないわけじゃないのに幸せになれない世の中ってなんだろう。
多くを望んではいけないんだなと思う。
さんざんわがままに生きて、それでも食べて暮らせているなんて奇跡みたいなことだから。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-16 07:18 | 日記
恐竜(ティラノサウルス)が岩山にかかった危ない石橋に多数群がっている。
危ないなあと思いながら見ていると、案の定橋が崩れ、恐竜たちはがれきとともに真っ逆さまに深い谷底に落ちて行く。

ここからが進化の過程です。

といったムードになり(ナレーションがあるわけじゃないが、そういう雰囲気)、がれきだらけだったはずの谷底からジンベエザメが舞い上がり、エイが続き、その他、水族館でしか見ないような魚が次々に尾びれをひるがえす。
それらはまさに飛ぶように、舞うように宙を行く。

しばらくはあぜんと見とれていたが、

「こらーーー省略したやろーーーここ水ないやん、やりなおしじゃーーー」

私は叫ぶ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-10 08:54 | 夢日記

自動音声。

うさむしの携帯かパソコンかデジカメの設定変更をするため、ペルプのフリーダイヤルにTEL。
なんだかよく分からないことを言われ、うさむしもよく分かっておらず二人の間で混乱する。
「お客様、鼻息が少々荒くなっております」
自動音声に指摘され、仕方なく電話を切る。

流しの文具店員になることにしたようだ。
陰陽座のライブに行った先の広島で立ち寄った文房具屋で突然働きたいと申し出るとOKされた。
経験者であると言うと、ある人はいきなり店頭に立たせようとするが、ある人はやはりまずストック整理からしたほうがいいと言う。
三菱のスタイルフィットの替芯を3本ごとに輪ゴムでとめるという作業をえんえんとする。

雪原を眺めている。
その端っこに立っている3本の細い枯れ木に並々ならぬ愛情を感じているらしい私。
抱きしめんばかりにその枯れ木の周りをぐるぐる回り、話しかける。
ああ、この枯れ木が今から冬を越し、春になり、やがて緑色の芽をつけ、夏にはその葉風に吹かれることができるのだと思うと、胸がいっぱいになるのだった。
雪原にゆっくりと自転車を走らせる。
雪はある程度固くなっており、自転車のタイヤが踏みしめる感触は塩見まんじゅうの皮のようだった。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-08 09:17 | 夢日記