<   2007年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

今朝はいい夢を見ていた。

てんやわんやの一日で、何度も心はささくれそうになったけど、そのたびに夢のことを考えて心を保った。
よくよく考えるとそんなに素晴らしい夢でもないのだが、ちょっと頑張って届きたい部分に手が届いた感じの夢で、小野小町の時代に考えられていた「相手が自分を想ってくれていると、その人が夢に出てくる」みたいな理屈があったとしても、ぎりぎりありうる感じがなんかちょっとよかった(ないけど)。

朝四時に仕事の話(夢の中)大安はもう始まっている
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-11-29 23:57 | 日記

MK5。

マジこたつ5秒前・・・(現在うたた寝率60%)
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-11-28 23:47 | 日記

真っ黒です。

私はその人と口論したくない。
私も馬鹿だと思われるからである。

その人が繰り広げる口論はいつも果てしなく低レベルで、周りの人間を一人残らず完璧に不愉快な気持ちにさせる点だけは天才的である。
周りに植物がはえていたら、たぶん植物もぐったりするだろう。

口論のレベルは、「じゃあおまえ先生が死ね言うたら死ぬんやな」的なしょうもなさ。
これを「かなり仕事できる(もちろんもっと仕事できるが今は状況を見てセーブしてる)」的な調子でやるもんだから、もう絶望的なのである。
その人が頭がいいというんだったら私なんてどんなことになってしまうのか。
一日中頬杖つきながら仕事(らしきこと)をし(ているふりをし)やがって。

今日も爆発的にしょうもない口論を繰り広げていた。
明らかにその人よりも頑張っている出入りの業者さんに対して。
しょうもない言いがかりに真面目に答えている業者さんが気の毒だった。
口論が繰り広げられている空間、そこにある机や椅子や戸棚や壁が気の毒だった。
そこを占めている空気、その中に含まれる窒素や酸素や二酸化炭素が気の毒だった。

もうどっか行ってくれ。
仮面ライダーや戦隊もののヒーローがよく戦う、なーんもない砂山みたいなとこに行ってやってくれ。
そこで勝手に巨大化してギャースギャースやってくれ。
帰らせてもらうわあ。

こんな時代に雇ってもらっててこんなこと言うのもなんだけど、たぶんうちの猫のほうがその人よりも仕事すると思いますよ会社のいちばん偉い人。
パソコンの前で一日中丸まって寝ていたらいいのだ。
だれも不愉快にさせないぶん大いにプラスである。
会社の憲法みたいなのを改正すればよろしい。

「ただし獣を雇用する場合は、その給与は人間の十分の一以下とする」
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-11-27 21:55 | 日記
あれ?
こんなトリックやったっけ?
そしてこんな結末・・・???

ひたすら「時代」を感じた。
今ならネットでちょこちょこっと検索できることも、当時はできないのだった。
そして何よりも戦争が色濃く影を落としていた時代であったということ。
ただテレビドラマという予算の制約か、どうにも昭和三十年代には見えないのが残念だった。
セットというより画面の明るさとか質感みたいなものがどうも。

夏川結衣と橋爪功がよかった。
夏川結衣がものすごくよかった。
だけど結核病患者にしては血色よすぎやで。

原沙知絵もちょっとしか出てこないわりに存在感があった。
まあこれは私が原沙知絵好きだからであるが。
『逮捕しちゃうぞ』も伊東美咲ではなく、原沙知絵目当てで見ておりました。
えくぼや声がどうしようもなく好き。
夏川結衣もえくぼがかわいい。

えくぼ好きです(まにすたもえくぼがかわいいです)。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-11-26 13:11 | 日記
久しぶりにテレビの前に真面目に座ってドラマを見た。
ビートたけし主演の『点と線』。
原作を読んだのが小学生のときなので、ほとんどあらすじを覚えていない。
一日にたった数分間だけ東京駅のホームが見渡せる瞬間があって・・・みたいなところはさすがに覚えていたが、肝心のアリバイトリックの部分は完全に忘却の彼方。
だから今夜の完結編がとても楽しみだ。

しかし、小学生のときに読んで本当に理解できたのか私。
てゆうか、いわゆる名作といわれている作品(例えば『アンネの日記』とか『ガラスのうさぎ』)をまったく読まずに、江戸川乱歩の少年探偵シリーズから一気に西村京太郎とかそういうミステリな方向へだーっといってしまったことだよ。
どうりで黒いことが好きなわけだ。

ちなみに『点と線』が幼い私の脳裏に残したもっとも強烈な言葉は「汚職」という言葉だった。
字面からしてすごいインパクトだった。
そして無知で無垢な私はそういう恐ろしげなことはそうそうないのだと思っていたのだった。

日常茶飯事や!
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-11-25 12:25 | 日記

山猫さん祭。

電車の中で課長に競馬の手ほどきをされながら大きな駅(たぶん難波)に向かっている。
電車の車両自体が「馬」であるらしく、課長の予想通りわれわれが乗っている車両が一着で終点の難波に着いた(単に先頭車両に乗っているだけじゃないかという発想はなし)。
ばらばらと乗客が降り、また待っていた乗客がぞろぞろと乗ってくる。
降りなければならないのに、少し離れたところに乗っている山猫さんは眠ったままだ。
折り返し運転になるので、このままだとまた電車は難波を離れてしまう。

私はそっと山猫さんに近づき、(こういうチャンスはめったにないだろうからさわりたいところにさわらなければ)という黒い衝動を十分意識しつつ、山猫さんの指に静かにふれる。
山猫さんはさすがに目を覚まし、二人で電車を降りる。

私は山猫さんが好きでたまらないにもかかわらず、案外落ち着いている。
起こしてしまってすみませんねえなどと言いつつ、どこかでごはんを食べようと歩き出す。
何を食べます?と聞くと、あまりおなかがすいていないので、おやつかパンでいいですと山猫さんは言う。
私は笑いながら「おやつ?パン?そんなんでいいんですか?女子じゃないですかそんなん」とつっこむと、山猫さんはあわてて自分の足を指しながら、まだ足の怪我が治ってなくてそんなに遠くまで歩けないのだと言う。
私はそのことを忘れていたことを謝りつつも、ずいぶん楽しい気分になって笑う。
山猫さんもつられて笑いながらも、でもまたブログに書くつもりなんじゃ・・・と心配そうである。
別に書いてもいいやんか、と言い返すと、書き方に不安があるなどと言う。
私も山猫さんも高校の制服を着ていて、しかし二人とも実際とは全然違う制服である。

日記の更新ができなかった22日は、こんな幸せな夢を見ていました。
もちろんこたつの中で。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-11-24 00:56 | 夢日記

いいフミ(ヲ)の日。

いいことがたくさんあった。
あんまりよくないことも混じっていたけど、それでもいいことがたくさんあった。

遠くの友達から思いがけない贈り物が届いたこと。
隣のおばちゃんが焼き芋とマグロの煮物を持って来てくれたこと。
うれしい電話がかかってきたこと。
それから京都が苦手なうさむしと一年ぶりに待井さんの個展に行ったこと。
そしてそこでいただいた言葉。

たくさんたくさんありがとうございました。

隣家の屋根に干しっぱなしにして忘れていたひんやりとした布団を取り込みながら、それでも幸福の目盛りは少しも減ることはなかった。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-11-23 23:55 | 日記

世紀末スカート。

20世紀末に買ったスカートをはいている。
はくのは初めてである。
セットになっていたのでなんとなく買ったのだった。
スカートというものをはきだしたのは三十歳を過ぎてからなのである。

で、このスカート。
爆発的にきつい。
サイズはおそらく7号と思うが、非常にウエストがストイックに作ってあり、逃げも隠れもできない状態である。

世の中に出回っているウエスト5@のスカートなんて詐欺や。
きっとこれが正しいんや。

早くおなか平らになれー(昼食直後)。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-11-21 13:09 | 右往QUEEN苦労Z通信
なぜこたつには布団が付いているのだろう。
布団って寝るためのものじゃないか。

こたつに入ってうたた寝をしないでいるのは至難の業である。
えらいお坊さんの修行に加えていただきたいくらいである(ちなみに猫町提案の「えらいお坊さんの修行メニュー」には他に「舌の先に口内炎ができた状態でお経を唱えまくる」など)。

しかし近頃の私のそれはすでに「うたた寝」の域を超えているような気がする。
1~2時間ではっと目が覚めるかわいらしさはそこにはなく、本来正式な就寝により確保すべき睡眠時間をたっぷりと取ってしまうのだ。

起きたらたいてい明け方である。
もちろん煌々と部屋の電気はついたままである。

あかんやんチーム・マイナス6%やのに!
てゆうか女子として、いや人としてどうか。

自分で自分に頭突きをかましたい気分だ。
ご機嫌なのはハナヲだけで、それはもう常夏のビーチでハイビスカス付きのカクテルを楽しむ、みたいになっているのだ。
もちろんこたつの中で。

こたつを出すのを無駄に我慢したのも、出してからも電源を入れるまで無駄に耐えたのも、すべてこのうたた寝を恐れてのことであった。
そして今年こそはとの強い決意のもとに電源を入れるやいなや(as soon as)このざまである。

正の字で数をカウントするのが好きな私は、今年のこたつでのうたた寝回数を数えるつもりでいた。
しかしこれはものすごい数になりそうで恥ずかしい。
かくなる上は「うたた寝率」を算出することにした。
うたた寝した日数をこたつ(電源あり)を出していた日数で割るのである。

現在100%。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-11-20 12:58 | 日記

おこた。

ついにこたつの電源ON!
春までノンストップだぜベイベ!

ああ・・・
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-11-19 22:15 | 日記