猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo

<   2007年 07月 ( 46 )   > この月の画像一覧

参議院選挙。

今回の選挙で分かったことはとりあえず、今のままじゃだめだ、ということだけではないだろうか。
今この瞬間は勝利でも、政策が充実しないとまったく意味がない。
新しい人がたくさん当選したということは、今から勉強したり、いろんな人と関係を作ったりして頑張らないといけないことがむちゃくちゃあるということだ。
これは意地悪なプレッシャーでもなんでもなくて、貴重な議席を獲得した者の義務だと思う。

選挙のたびに地元の候補者にぴんと来ず、ポスターを眺めながら、(これが安倍さんとか小沢さんとかみたいに普段何をしているのか分かりやすいメンツだったらいいのに)と思っていたが、何をしているのかよく分からないけどその人が所属している政党への漠然とした評価が票につながり、議席の獲得につながり、日本の勢力図を塗り替えていくのだなと今回あらためて感じた。

だから、やっぱり選挙に行かずに政治の文句を言う人はだめだ。
一票の力というのは本当にあるし、われわれが政治に関わるには票を投じること以外にないと思うからである。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-31 02:36 | 日記

土用の丑。

ウナギを食べた。
一応「愛知産」。
量は少なかったが、味はおいしかった。
遅い時間に行ったので、値段が安くなっている点に注目(赤マジック)。

もう日が短くなってきた。
しかし、夏はまだまだ続く。
今年こそ絶対に夏バテしたくない。

b0070470_151266.jpg
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-31 02:09 | 猫町フミヲの胃袋万歳!

猫またよや。

おそらく「むしゃくしゃしたから」という理由だけで、真夜中にハナヲに左足をがぶりと噛まれた。
エアコンは切っていたがまだ部屋はひんやりしていたし、水はあるし、トイレも普通に掃除してあったし、朝までまだ時間があったはずなのに、何にいらいらしていたのだろうか。
あまりにも痛く、腹が立ったので、今度近づいて来たら鉄拳制裁だと思っているうちに再び眠りに落ちてしまった。

朝起きると、左足に違和感。
眠くても起き出して噛まれた直後に消毒するんだった。

以前、ハナヲにひっかかれた指からばい菌が入り、「ひょうそう」になったことがある。
手のひらや足の裏の皮膚は分厚く、他の箇所だと膿がすぐ外に出るのに対して、膿が中にこもり、痛みが強くなるといった病気であった。
その痛みたるや知らない間に骨が折れていたのかと思うほどの激痛で、何科に行くべきか迷ったが、いちばん痛む箇所が以前から治療中の指だったこともあり、休みの日にかかりつけの皮膚科に電話して病院を開けてもらい、薄暗い部屋の中で指を切ってもらい、膿を出したのだった。
ちなみに、「ひょうそう」には2回なっていて、2回目は親指の付け根に膿がたまったみたいになっていて、内服薬で治療した。

今日の足の痛みはその2回目の「ひょうそう」のときの痛みにちょっと似ている。
こもるような痛み。
気合いで治ればいいが。

おのれハナヲ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-29 12:59 | 日記

告白タイム。

私はまだ本屋で働いている。
働いていた店が閉店になるとか、本屋自体が倒産したとか、なんかそういう「もうどうにでもなれ」といった空気が本屋に満ちていて、それぞれが胸に秘めていた思いを告白しあうという展開になる。
いろいろな人がいろいろな人に告白する。
思いを告白され感激している人があちこちにいて、中にはひしと抱き合っている人もいる。
警備のおっちゃんまで店員の誰かに告白していて、なかなか感慨深い。

ふと気づくと私とまにすたが残っている。
私は告白は最後でいいやと思いながら、
「まに」
と促す。

まにすたははっと我に返って、見たことのないような真顔になり、
「え・・・」
と力いっぱい戸惑っている。

私は雑務に追われてパシリのようなことをしていて忙しい。
私が告白しようとしているのはどうやら女性の姿をしている男性のようであるらしい。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-27 13:01 | 夢日記

待ってました。

『セクシーボイスアンドロボ』DVD発売決定

放送を見送られた第7話も収録。
第1話も見てないから今から楽しみ。

それにしてもDVDボックスって買うの初めてだ。
それくらいのお金はあるぜ(たぶん)。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-27 00:56 | 日記

借金完済。

中2−3神(26日) 阪神5連勝

中日をまさかの3タテ。
そして最大9つあった借金をついに完済。
投手戦の末、エース川上から4番がホームランを打つという理想的な展開。
マゾヒスト久保田がめいっぱいハラハラさせてくれたが、球児がウッズに相性よくてよかった。
2アウト満塁で打者ウッズって、誰がマウンドに上がりたいねん。
とりあえず、久保田は球児になんかすごいもん奢れ。
そんで背中流しとけ(by虎町さん)。

中日の調子は確かに悪い。
だけどそんなときにしっかり勝っておかないとどうしようもないチームでもある。
昨年は、中日が調子を落としているときに阪神もきっちり負け込んで、そのせいで最後阪神が猛烈に追い上げたのに中日は全然負けてくれず、ついに追いつけなかった。
勝てる試合は確実に勝っておかなくては。

しかしこの3連戦、あまりにも濃すぎて見ているほうも灰になりかけ。
明日からの横浜戦、大丈夫か。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-27 00:27 | プロ野球はお嫌いですか?

井端びいきの虎党。

阪神4連勝 中6−神8

長い試合だった。
でも勝ったからいい。

よくないのはテレビ中継がなかったことだ。
阪神ー中日戦がいちばんおもしろいのに。

井端を見るために飛んで帰って来て、新聞でチャンネルを確認しようとして中継がないと知ったときの脱力。
そんな殺生な。

今日も山本昌はあかんかった。
また二軍に落ちるんやろな。

中日が誇る投手陣がいまいちで、しかも福留がおらんくて、でも井端と荒木の機動力とウッズの一振りがあるだけで中日は十分怖いチームやと思う。
要するに井端やな。
いつも口とがらせてる無表情な井端。
大好きです。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-25 23:26 | プロ野球はお嫌いですか?

グッジョブ無意識。

私の中にいるもっとも歌のうまい人格(妄想)「カルメン猫町」が「赤いスイートピー」を熱唱したおかげで、なかなか素敵な夢を見ることに成功する。
そして素敵な夢は誰にも教えないのが鉄則だ。
グッジョブ無意識。
グッジョブカルメン猫町。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-23 12:45 | 夢日記

赤いスイートピー。

歌はずるい。
言葉はただそこにあるだけでは言葉でしかないのに、素敵な旋律にのせられたとたんにものすごく遠くまで行ける。
そして長く人の心にとどまれる。
もちろんすごい言葉は言葉だけでも遠くへ行けるけれど、素敵だと思う歌の歌詞が単独ではそこまで遠くへ行けないであろうことを思うと、旋律の力は偉大だと思う。

今日、たまたま「赤いスイートピー」を聴いていて、あらためて思った。
なんてなんてなんてなんて名曲なんやこの歌は・・・
「あなたと同じ青春走ってゆきたいの」・・・
これが詩としてのみ成立するかというとそれは難しいのではないかと思うのに、旋律がもう・・・
死ぬまでにこの曲しか作れませんでしたって言っても許されるような名曲中の名曲。

もしも私に歌が歌えたら間違いなくこの歌を熱唱する。
いや、歌えなくても熱唱したい。

以前、クドカンのドラマ「マンハッタンラブストーリー」の中で、小泉今日子がタクシーを運転しながら(客も乗せていたと思う)この曲を熱唱するシーンがあったと思うがあれはよかった。

それにしてもこの歌詞の中に出てくる男の人、私好きです。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-22 22:42 | 日記

オールスター2007。

<プロ野球球宴>全セが全パ零封…MVPにラミレス 第1戦
降雨コールド 全セ連勝 プロ野球オールスター第2戦

第1戦は所用のためライブで見られなかったので、ビデオで観戦。
今年は阪神の選手がほとんど出ていないので井端中心に見ることにするも、日テレの中継がイライラするくらいうるさくて音声を消して見ようかと思ったほどである。
普通にアナウンサーと解説者と、それからちょっとしたインタビューくらいでいいと思うのに、バックネット裏の徳光みたいな人とか元巨人の元木とか宮本とか何のためにいたんやろ。
うるさいだけやねん。

でもダルビッシュの投球は見応えありました。
ダルビッシュとか小林宏之とか、なんで顔もかっこよくてなおかつええピッチャーなんやろ。
ずるいなあと思いながら、上記のニュースからリンクしているダルビッシュのHPをクリックして激しく後悔した。
うわー。
そんなんが見たいんじゃないんや・・・すみませんすみません・・・と戻るボタンを連打。

第2戦はちゃんとライブで観戦。
天気が心配だったが案の定降雨コールド。
今年は楽天からたくさん選手が選ばれたし、ルーキーの田中に注目したい気持ちは分かるんだけど、ちょっと構成がかたよりすぎていた気がする。

井端を映せ!
井端をはしょるな!
井端がいつもとちょっとでも違う顔をするのが見たくて真剣に見ているのに、井端のときにインタビューかぶりすぎ!
だけど、優秀選手に選ばれて、ちょっとだけうれしそうだった。

前田智とか井端とか、普段は求道者みたいにストイックな人がほんのちょっと人間味を見せるのがオールスターの醍醐味だと私は思う。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-07-22 19:09 | プロ野球はお嫌いですか?