猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー

<   2007年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

『月猫』続報。

『月猫ブルー』について、お知らせしなければならないことがあります。

当初は読みたいと言ってくださる方にお送りすることしか考えていなかったのですが、このたびメールや非公開コメントにおいて、「代金はいくらなのか」「きちんとお支払いしたい」等のご意見を数多くいただき、一部の人のみから代金を徴収するわけにもいかず、一律500円(税込、送料込)とさせていただくことになりました。

すでに詩集をお申し込みいただいている方の中には無料だということで申し込まれた方もおられると思いますし、他にもいろいろなご意見があるかと思います。
キャンセル等ももちろんお受けいたしますので、どうか無理のない範囲でよろしくお願いいたします。

引き続き、連絡は非公開コメントもしくは、
nekomachi_fumiwoあっとまーくYAHOO.CO.JP(ここは小文字で)
にお願いいたします。

なお、お支払い方法は、定額小為替や郵便振替等を考えています。
発送は皆様の了解を得てから行うことにし、皆様にご迷惑をおかけしないようにいたしますので、どうかよろしくお願いいたします。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-30 23:57 | 猫町フミヲ

離婚します。

同い年の大好きな友達こよみさんちで「バトン」というものを初めて手にしました。
ルールについては、ここでは「足跡」が残らず誰が見たか分からないので、気にしなくてもいいと思います。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■ルール■
・これは地雷バトンです。
 踏んでしまったら必ずやりましょう。足跡残りますヨ☆
・タイトルに『離婚します』『別れます』『ふられました』
 のどれかを書かなければなりません。


■自分を動物に例えると?
こうもり。

■その理由は?
鳥でも獣でもなくこずるくて臆病な感じ。

■自分を野菜に例えると?
玉ねぎ。

■その理由は?
むいていくと全部なくなる。
長時間炒めると甘くなる。
腐るときは芯から腐る。

■自分をラーメンに例えると?
カップヌードル。

■その理由は?
ものすごく単純。
開けてお湯を注ぐだけで完成。

■人に言えない過去はある?
ない。

■それはどんな過去?
そんな深い人間ではありません。

■現在人に言えない秘密がある?
ないと思う。

■それはどんな秘密?
ないので答えられない。

■今何問目?(直感で)
8問目。
あー、違ってた。

■お酒は飲める人?
はい。

■好きなお酒は?
ビール。
Asahi派。

■お酒の失敗を教えて下さい。
ない。
げろげろになるときも基本的に自宅まできちんと我慢。

■お酒を飲んだらどうなるタイプ?
あまり変わらない。
ただ眠くなる。
体調の悪いときはかゆくなる。

■ストレス解消法は?
ない。
ただ時を待つ。
あえてあげるなら単純作業。

■今この瞬間の髪型は?
一つにまとめています。

■今この瞬間の服装は?
三匹並んだ黒猫の絵がプリントしてあるVネックの緑の長袖Tシャツに、茶色のフード付きトレーナー、ダークグレーのルームパンツ、足は裸足、首にはEASTBOYのマフラー。

■あなたの勝負服はどんな感じ?
案外ひらひら系。

■あなたの勝負下着はどんな感じ
そんなものはないけど、下着は意外とメンタルに影響します。

■ここで一言。
おなかすいた。

■タバコは吸う?吸う人は銘柄も
吸いません。

■タバコを吸う女性をどう思う?
マナーを守っていればいいと思います(女性も男性も)。
ただ「マナー」の考え方が他の人よりもめちゃくちゃ厳しいので、うんと親しい人がタバコを吸う場合はすりあわせが大変な気がする。

■同性愛ってどう思う?
いいと思います。
必要以上に美化しようとは思わないけど。

■この人なら抱いてもいい・抱かれてもいいという同性
一緒にいたい、ずっと一緒に暮らしたい、死ぬときは一緒に死にたい、という人はこれまでにも何人かいたし、これからも何人もいるのだろうけど、抱く/抱かれる的なものとは違う気がします。

■好きな顔文字は?
どうやって顔文字を出したら(?)いいのか分かりません。

■あなたの人生で一番の良い思い出は?
本屋で働けたこと。

■あなたの人生で一番の悪い思い出は?
大学の4年間。

■口癖は?
「爆発的」。

■これを聞くと切なくなる!という思い出の曲はある?
たくさんある。

■曲名は?
一例をあげると「峠のわが家」。

■その理由は?
内緒。

■好きな相手で曲の好みは変わる?
好みは変わらないけど、聴く曲の種類は増えます。

■このバトンうざい?
楽しいから拾いました。

■結婚は何回したい?
あまりしたくない。

■生まれ変わったら何になりたい?
自信に満ちあふれた人。

■前世は何?
力士。
力士になるべくしてなった恵まれた体格をした力士だったが、一度でいいからほっそい女の子になってみたい、ぺらぺらでひょろひょろでもいいから、お願い、神様、とお願いして生まれたのが私。

■異性の友達はいる?
はい。

■男女の友情ってあり得る派?
当然。

■それはなぜ?
なぜって・・・男の人といちいち恋愛関係になってたら大変やんか。

■グッとくる異性の仕草は?
思いつかない。

■人にはない自分だけの【萌えポイント】は?
背の低い男の人が好きなことかなあ。

■異性の第一印象、まず見るのは?
全身のバランス。

■外見で好きなタイプは?
ぶっさいくに見えたり、普通に見えたり、男前に見えたりする顔。

■内面で好きなタイプは?
穏やか。

■トランクス派?ブリーフ派?
トランクスは楽そうでうらやましい。

■S?M?
調子のいいときはSで、調子の悪いときはM。
Mのときの思考はろくでもないから、Sのほうがいいんだと思う。

■交際・結婚相手とのケンカは必要だと思う?
「必要」ってことはないけど、そういう痛い部分を避けてとおることはできない気がする。

■最近いつケンカした?
半年くらい前かなあ。

■その原因は?
私の性格の暗さと弱さ。

■最近あった小さな幸せを教えて下さい
山崎パンのお皿の2枚目がゲットできそうなこと。

■最近あった大きな幸せを教えて下さい
意外な人物がブログを読んでくれていたこと。

■最近あった小さなショックを教えて下さい
冷蔵庫の中のシーチキンがちょっと変になりかけている。

■最近あった大きなショックを教えて下さい
しばらく手書きをさぼっていたせいなのか、自分の字が書けなくなってしまった。

■疲れた?
おなかすいた。

■自分にとってmixiとは?
ちょっとした場所。

■世の中で一番大切なものは?
自由。

■今やりたい事は?
お昼ご飯を食べたい。

■運命なんてあるだろうか?
ある。

■今日のお昼ご飯は?
白ご飯とみそ汁とじゃこを混ぜた納豆と梅干しと味付け海苔を食べる予定(貧しい)。

■視力は?
裸眼は両目とも0.1以下ですが、矯正視力は両方1.0以上。
眼鏡を買い替えるお金がないんだと自分に言い聞かせるうちに、心の目が開眼。

■高校の時のスポーツテストの総合判定は??
絶望的に悪かった。
反復横跳びでは、ざっざ、ざっざと跳び続けるみんなの姿を見ているとどうにも笑いが止まらず、走り幅跳びでは、砂場を飛び越えて砂場の向こうにある鉄棒にぶつかったらどうしよう、さらにその向こうにあるブロック塀にぶつかったらどうしよう、と手加減して2メートル弱の跳躍。

■なぜそのタイトルにした?
言霊を信じるので、一番今の自分から遠い言葉を選びました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こんなんでいいのでしょうか。
お昼ご飯食べよっと。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-29 13:44 | 日記
電車で一駅分くらいの距離はゆうにある大きな公園を通り抜け、大通りを渡った町の中に恋人の家がある。
知らない場所だがそういうことになっているらしく、私は確かな足取りで恋人の家に行く。

恋人の家で恋人と話していると、荷物が届く。
なんでも私が注文した品物らしく、「パーティーセット」と呼ばれるそれは、屋外で食事をするときに使うようなテーブルや椅子のセットでものすごく大きいものである。
恋人は戸惑うが、私はもっとびっくりする。
注文した記憶がまったくなかった。
当然置く場所もなく、われわれは呆然とするが、運送業者の人たちは玄関のわきの自転車などをとめるちょっとしたスペースにそれらを強引に下ろして立ち去る。
私は恋人の両親がこれをどんなふうに思うだろうと考えてとても恐ろしくなる。
しかし何もできずに、私は帰途につく。

一人になってからも、私はテーブルや椅子のことが頭から離れない。
玄関わきのスペースに強引に積まれた荷物は今頃どうなっているだろう。
恋人は両親にこのことをなんと言って説明しただろう。
私はいてもたってもいられなくなり、夜だったが再び恋人の家を目指す。

大きな公園を通り抜ける。
大通りを渡る。
恋人の家の前にたどり着くとしかしそこは私の実家である。
どうしてだろう。
実家に行くには長い時間電車に揺られないといけないはずなのに。
こんな、公園を通り抜けただけでたどりつけるような場所じゃない。
家の形は明らかに私の実家のそれだが、だけどこれは幻だと思う。

思い切ってインターホンを押す。
出たのは母だった。
ものすごく不機嫌な声である。
玄関の扉を開けると、母が鬼のような形相で揚げ物をしている。
なんで帰ってきたん?と聞かれる前に、早口で事情を説明する。
当然信じてもらえない。
母は冷笑を浮かべながら、怒られる覚悟があるのなら今の話を父にすればいいと言い放つ。
私は玄関で後ずさりする。
ふと玄関にある鏡を見ると私ではない人の顔が映っている。
着ているものは私と同じで眼鏡もかけているのだが、なんだか不細工でぼっとしている。
私は家を飛び出す。

来た道を真っすぐに走って戻る。
私はどこに戻っていくのだろう。

道の途中でうさむしに出会う。
私は早口で事情を説明しようとするが、うさむしにいきなり重い話をしていいものかどうか迷う。
ちょっとしんどい話をしてもいいか、と聞くと、うさむしは案の定あまりいい顔をしない。
しかし私はうさむしを気遣う余裕をなくしていた。
最近の私はおかしい気がする、自分がした記憶のないことが起こってしまった、恋人の家に行ったはずなのになぜか実家に着いてしまった、そしてそこであったこと・・・
泣きながら私は話していた。
しかしうさむしは無反応だ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-29 11:48 | 夢日記

怒れる友再び。

虎町さんの奥さんが共通の知人であるGに再び腹を立てている。
何かいよいよ嫌なことがあって、Gにメールを送ろうとしているようだ。
「フミちゃんお願い、メールの下書き読んでくれない?」と言いながら奥さんは髪をかきむしる。
髪をかきむしりながら、「あ〜もう私は忙しいのよ。うちの茶屋(と言っていた)は忙しいのよ。西に泣いてる猫ちゃんがいたらその実家まで行って猫ちゃんを助けなきゃいけないのよ。なのにもう、G〜」と、荒れている。
私は奥さんの下書きを読もうとする。
読もうとするが、奥さんが荒れすぎて下書きに集中できない。
奥さんが言った言葉も気になり始める。
いつも迷惑をかけてしまっているな、と思う。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-29 01:30 | 夢日記

幽霊列車、走る。

過去のもの、朽ち果てたものだけを乗せて走る幻の列車があるという。
巷では「幽霊列車」と呼ばれているらしい。

それについて考えながら歩いていると、線路のない細い道の向こうから列車がやってくる。
道の脇に身体をそらしながら通過する列車を見ると、列車は一両だけだが車体が長く、車内には骨董屋の店先に並んでいるような薄汚れた瀬戸物やお面などがいくつか見える。
それを見た瞬間、私はとてもそれらが欲しくなる。

走り去る列車を見ながら、私は後悔する。
私はあれを手に入れるべきだった。

私は道ばたで遊んでいる女の子に、せっかく幽霊列車を見たのに残念だったと話す。
すると女の子は無言で家に駆けていき、どうやら家の中で私が言ったことを家族に伝えたようだ。
その家から人が飛び出してくる。
「幽霊列車が来た」「幽霊列車はどこだ」などとわめきながらそこらじゅうを走り回る。

私は幽霊列車はもう行ってしまったことを話すが、その人の興奮はおさまらない。
「幽霊列車!幽霊列車!」と叫びながら走り回るのをやめない。
私は最初、その人は幽霊列車が来たのに何もできずに見送ってしまった私のことを一緒になって悔しがってくれているのだと思っていたが、どうも様子がおかしい。
幽霊列車が何か不吉の前兆であるかのようなニュアンスがそこにはあった。
まるで祟りを恐れるかのような取り乱し方なのであった。

大変なことになってきた、と思う。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-29 01:11 | 夢日記
あまりの眠さに、(さようなら・・・)とこたつに沈んでいったのが午後9時すぎ。
一大冒険活劇風の長い夢からはっと目を覚ますと午前3時すぎ。

疲れております。
しかし明日も仕事なのであります。
しかも集合時間がいつもより1時間も早く、集合場所がいつもより遠いのであります。

逆算すると、5時半に起床せなあかんくなった。
あと2時間・・・

いかにも金縛りにあいそうなシチュエーションです。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-28 03:44 | 日記

水面下のみなさまへ。

『月猫』に関してコメントをくださったみなさま、メールをくださったみなさま、本当にありがとうございました。
ものはまだ完成しておりませんが、心を込めて発送させていただきます。
炸裂せよ事務員魂。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-27 00:57 | 猫町フミヲ

『月猫』続報。

職場近くのコピー屋さんに相談して、簡易ではあるけれどいちおう製本することにしました。

もともとは、営業慣れしていないお兄さんが職場に飛び込みで営業に来たのをきっかけに知り合ったコピー屋さんですが、あまりにも感じが良かったので(店のロゴの入ったかっこいいボールペンがuniの「楽ノック」だったのもポイント高し)、一度仕事でお世話になり、そのあとも個人的にその店を利用するようになりました。
『月猫』のことは今までも何度か相談していて、そのたびに親身になって話を聞いてもらいました。
恥をしのんでトラブルのことも説明し、何かいい方法がないか、いろいろ調べてもらったのですが、私自身がくじけてしまい、長い間そのコピー屋さんに近寄れませんでした。
今回重い腰を上げて数ヶ月ぶりにそのコピー屋さんに行くと、線の細いシャイな副店長さんは私の顔を見るなり、何ヶ月も前に私がした質問に答えてくださり、ずいぶん勇気づけられました。

かんじんの中身はしょぼん、な代物ですが、作品を容易に改変できない「本」という形にこだわったのは他の誰でもなく私自身なので、今は観念して、形にすることだけに集中したい思います。
まだまだだなあ、という言葉の部分は、今後書き続ける中で、少しずつ書きたいものに近づけていければいいなと思います。
自分の中にまだそこまでの力がたまっていないくせに、昔自分が書いた詩を読み直して、そのときは完璧だと思ったリズムに隙を見つけて、今ならもうちょっとその隙を埋められるかも、と一瞬だけ(本当に一瞬だけ)そんな光がよぎった気がしたのです。

ゴールデンウイーク中に発送作業ができればと思っています。
非公開コメントもしくは、
nekomachi_fumiwoあっとまーくYAHOO.CO.JP(ここは小文字で)
にご住所とお名前をよろしくお願いします。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-25 00:28 | 猫町フミヲ
素晴らしい。
素晴らしいドラマである。
DVDに録画しながら正座して見た。

松山ケンイチいい。
ニコになってる子もいい。

きっとものすごくだらしない顔をして見てるんだと思う。
誰もいないからいいや。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-24 23:10 | 日記

『月猫』情報。

解!(by NARUTO)

気合いで修正作業を終えました。
本来裁断するところで裁断されないので、やけに余白の多い間の抜けたページになりますが、どうか広い心でお許しください。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-22 19:27 | 猫町フミヲ