猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

南海グリルと神様。

昨日は以前お世話になった先生にステーキをごちそうになった。
堺市民の憧れ南海グリル中店にて。
その日のうちに天に召されてもまったく後悔しないほど美味。
メインのステーキにいたるまでのあらゆるものがおいしく、ビールはとてもよく冷えており、白いご飯もちゃんとついている。
目の前で肉を焼いてくれたコックさんは個人的に好きなタイプの顔で男前であり、もういったいどうしたらいいのかというくらい幸せで濃厚な時間であった。

食後に地下のラウンジに案内され、そこで珈琲をいただきながら先生に何度も何度もお礼を述べた。
「今までこんなに美味しいものを食べたことはありませんでした…私全然何も頑張ってないし、おめでたいことも何一つないのによかったのでしょうか…」
と言う私に先生は、
「あんたは細いから栄養つけんといけんね。肺病になったらいけんから」
とやさしく微笑み、
「今からいいことありますから」
と何度も繰り返してくださるのだった。

神様だった。
私は先生に何もしてさしあげることができない。
ただもうまっすぐに自分の信じた道を生きて行くことしかできないのだ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2008-09-08 23:59 | 猫町フミヲの胃袋万歳!