猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

胃袋という観点から見た誕生日。

星占いでは誕生月はお正月みたいなものらしい。
今までの運気がリセットされて新しい私がはじまる。

ということなら、誕生日は豪勢に行こうじゃないの、と昨日は奮発して昼食からトンカツ定食。
圧倒的なボリュームでやせの大食いの私が完食できず。
休憩後、あまりの満腹にゆらゆら揺れながらレジ作業をこなす。
当然のことながら頭はまったく働かない。

しかし労働が終われば不思議とおなかがすいているもので、「誕生日祝いしよか」という先輩に連れられてケーキを食べに行く。
子どもっぽい私は結局イチゴのショートケーキが好きで、幸せな気持ちでケーキをほおばる。

帰宅すると深夜の玄関先に謎の大箱が。
部屋の中に持って入るとその巨大なこと。
b0070470_1126444.jpg

その中身がまた、食べ物でいっぱい。
b0070470_11265338.jpg

それも手作り。
天ぷらとか漬け物とか煮物とか。

1時半という時間でしたが、冷凍ご飯を2回分解凍して、もぐもぐもぐもぐいただきました。
爆発的においしかったです。
巨大な保冷剤入りの箱の中ではビールも冷えており、もちろんこちらもいただきました。
真夏なのに鳥肌が立つほどおいしくて、幸せでした。
T町さん、本当に本当にありがとう…

しかし、我に返ると超☆満腹。
当然です。
ビールを飲みながら揚げ物を食べ、ご飯を2膳食べたわけですから。
むちゃくちゃ眠いのに満腹で横になれない、という壮絶な体験をしました。

しかし今朝目が覚めるとせつないほどの空腹。
胃袋絶好調。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2008-08-17 11:38 | 猫町フミヲの胃袋万歳!