猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

怒れる友再び。

虎町さんの奥さんが共通の知人であるGに再び腹を立てている。
何かいよいよ嫌なことがあって、Gにメールを送ろうとしているようだ。
「フミちゃんお願い、メールの下書き読んでくれない?」と言いながら奥さんは髪をかきむしる。
髪をかきむしりながら、「あ〜もう私は忙しいのよ。うちの茶屋(と言っていた)は忙しいのよ。西に泣いてる猫ちゃんがいたらその実家まで行って猫ちゃんを助けなきゃいけないのよ。なのにもう、G〜」と、荒れている。
私は奥さんの下書きを読もうとする。
読もうとするが、奥さんが荒れすぎて下書きに集中できない。
奥さんが言った言葉も気になり始める。
いつも迷惑をかけてしまっているな、と思う。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2007-04-29 01:30 | 夢日記