猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

怒りと錨の果てに。

錨町>ミヲだの殴町ボコヲだの「怒りの川柳コンクール」だのと言っていたからだろうか。
苦手な奴に猛烈に腹を立て、ボコボコにしてやろうと指をバキボキ鳴らしているところで目が覚めた。

明らかに誰かのネタをまことしやかに自前のネタとして語る姿に我慢がならず、嘘をついている証拠をきっちりと自分の手で掴み、それを皆の前で突き付けて二度と立ち上がれないようにしてやる。
私はレザーのぴったりとしたスパイ服を着込み、蜘蛛のように壁に貼り付き、証拠を押さえようとする。
どうやらネタの源はマクドナルドのオリジナルバーガーの中のレタスにあるようだ(意味不明)。

おだやかじゃない。

でもまあ分かりやすい夢ではある。
錨を振り回す怒りキャラの錨町さんも、サンドバッグ常時携帯の暴れキャラ殴町さんも、私の意識の比較的浅い部分にいる。

夢の中なら本当にボコボコにしてやればよかった、と舌打ち一つ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2006-03-19 23:48 | 夢日記