猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

一晩でできたマンションと道路。

その1:一晩でできたマンション。
中国のさびれた農村のようなところを歩いている。
郵便局のATMを探しているのだが、なかなか見つからない。
やっと見つけて現金をおろす。
翌日も現金をおろす用事ができたので、再び昨日のATMに行こうとするが、一晩のうちに大きなマンションが建っている。
昨日の農村の部分(ATMもこの中にある)は、そっくりそのマンションの地下の駐車場になっていて、せっかくATMの場所を記憶したのに暗くてよく見えない。
地下の駐車場をうろうろ歩いていると、管理人室のようなところでマンションのオーナーの代理人が誰かともめている。
どうやら正式にオーナーに決定する前に、オーナーが強引にマンションを建ててしまったらしい。
急いで建てたせいで(なにしろ一晩で建てたのだ)、外壁のタイルや吹き付けといったマンションの外装はやや荒っぽい。
マンション周辺のアスファルト部分もまだほかほかしており、踏みしめるとぐにゃぐにゃしている。
ははん、黒い金が動いたなと納得する。

その2:一晩でできた道路。
電車に乗っていると、昨日まではなかったところに突然道路ができている。
今までは大回りして踏切のあるところまで行かないと線路を越えられなかったところに、線路をくぐりぬけて行き来できるような便利な道路ができたようだ。
高架でもなんでもないのに線路をくぐれる不思議な道路である。
これで、今まで不便を強いられてきたこの辺の町も発展するだろうとうれしくなる。
ふと、この道路の建設にもその1のマンションのオーナーがからんでいることが直感で分かる。
またもや黒い金か、と思う。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2005-03-13 21:36 | 夢日記