猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

大阪の空の下に。

今日も相撲の話。
春場所は大阪場所なので特に心がはやる。
大阪の空の下にお相撲さんたちがいるのかと思うと。

好奇心で各部屋の大阪の宿舎を調べてみると、なじみのある住所がちらほら。
白鵬のいる宮城野部屋の宿舎のあたりは何度も自転車で通ったところだし、その近くの出羽海部屋の宿舎もだいたい分かる。

鶴竜関の井筒部屋の場所もだいたい分かる…というか、鶴竜関が大関昇進伝達式をしたお寺なんて本当に目をつぶってても行けるところだ。
ああ、鶴竜ちゃんが「お客さまに喜んでもらえるような相撲が取れるよう努力します」と口上を述べてた時、私はいったい何をしていたのか…と思ったらまさに文具店員を卒業しようとしている頃だった。

大阪にいた頃はまったく相撲を見ていなかったからなあ。
小学生の頃から見始めて高校生までは見ていた。
その後大学生、大学院生あたりまではとぎれとぎれでも見ていた気がする。

一番見ていなかったのは朝青龍が横綱だった頃だ。
強いんだろうなあと思いながらついに見ることはなく、後悔している。
いろいろ問題のある力士だったが、そこまで大きくない体から繰り出される豪快な技や身体能力の高さを目の当たりにしたかったなあ。

しかし見に行きたい見に行きたいと思っているだけじゃ、永遠に相撲を見に行けないことだよ。
来年の春場所こそ…
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2014-02-25 23:59 | 大相撲猫町場所