猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

思い出し怒り。

思い出し笑いは幸せなものだが、思い出し怒りは困ったものだ。
が、ときどき思い出し怒りに苦しむ。

どんな不当なことでもいったんはむしゃむしゃと完食してからじっくり考えるタイプなので、後でそれがひどいことだと分かる場合が多い。
反射的に反論できたらいいのだが、基本的に自分に自信がないのと、世の中にはいろいろな人がいるしいろいろな考え方もあると思うのでどうしても慎重になる。

攻撃的な人というのは天才的な嗅覚でこういう人間を嗅ぎ分けることができるようだ。
しばしば被害に遭う。
が、しばらく咀嚼した後「やっぱり違うと思う」とキッと顔を上げた時にはその人はもうどこにもいなかったりする。

こういうのが後に思い出し怒りとなる。
思い出して怒っても何もならないのに、なかなか穏やかな気持ちにならない。
とはいえ、「なめやがって(今度は許さん)」とやたらと強気な基本姿勢に切り替えるのも大いに間違っている。

一番いいのは笑って気持ちよく流すことだろう。
そう思い続けてもう長い。
なかなかたどり着ける境地でないのは確かだ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-12-16 23:59 | 日記