猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

悪ノリぁぃぅぇぉ。

昨日の続きで、今日も「ぁぃぅぇぉ」や助詞の「は」を「ゎ」とする表現について考えていた。
最初は「ぁぃぅぇぉ」の何が苛々させるのかと真面目に考えていたのだが、そのうち実践してみたくなってきた。

ぅぇぉむぃてぁるこぅ(=上を向いて歩こう)

頑張って使ってみたがどうだろう。
10文字中6文字がぁぃぅぇぉ系なので60%のぁぃぅぇぉ率といえる。

ぁぃしてぃるとゎぃぇなぃょ(=愛しているとは言えないよ)

これはどうだ。
結構たくさんぁぃぅぇぉ系を使った。
13文字中8文字なので、ぁぃぅぇぉ率は約62%。
いったいどういうシチュエーションで言うのかはさておき、かなり苛々するフレーズではある。

ぁぃゎぉしみなくぅばぅ(=愛は惜しみなく奪う)

これなどはぁぃぅぇぉ率こそ約55%と低いが、苛々度はけっして低くはない。
やはり内容によるのだろうか。
ぁぃぅぇぉ系と一口にいってもそれのどれが特に心をかき乱しにかかるのか、興味深いところである。

ここで気分を変えて、ぁぃぅぇぉ系だけで文章が作れるか考えてみた。

子ども「ぉゃっゎ?」
母「ぇ?ぉゃっゎぃぇょ(=おやつは家よ)」
子ども「ぉぃ!」

やっぱり間違った助詞を小さい文字で表記するパタンが一番ダメだなあ。
「は」を「ゎ」とか「を」を「ぉ」とか。

一年生の頃に習ったことをわざわざ引っくり返して、大人は何をやっているのだろうか。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-11-08 20:24 | 日記