猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

満月の「中秋の名月」。

満月の「中秋の名月」だった。
ぺかぺかと光りながら昇る月を見つめたり、月の光を浴びながらうたた寝したり、月明かりに浮かぶ猫を見たりしていた。

「月と言ったらどんな歌を思い出しますか」というTwitterの話題に筋少の「月光蟲」を思い出し、何曲か聴いた。
たったワンフレーズしか月が出てこない詩でも、なんだかよく分からない妄想がつづられた詩でも、やっぱり月といえば「少年、グリグリメガネを拾う」であったり、「夜歩くプラネタリウム人間」であったり、「少女の王国」であったりする。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2013-09-19 23:59 | 日記