猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

無意識にはかなわない。

結局昨日は夜もしっかり眠ってしまった。
あの夢の続きを見たかったのに見られなかった。

夢はいろいろな世界を見せてくれるけど、それを作り出しているのが自分の無意識だというのがやっぱりどうにもピンとこない。
なんかすごすぎるというか、そんな才能があったらとっくに芸術家になっているような気がする。

でも違うんだろうな。
今まで意識的、無意識的に見聞きしてきたことの恐ろしいほどの蓄積がランダムにつぎはぎされた感じが天才っぽく映るだけなんだから。

枯れた田んぼの四方に渡したロープに誰かの白黒の顔写真が何枚か洗濯ばさみでとめられていた。
よく分からない鳥がつついて持ち去り、見る間に食べてしまった(その鳥は私を挑発しているようだった)。

まったく夢は訳が分からない。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2012-11-05 09:29 | 日記