猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

猫と怒りの分析。

毎日2つのブログ(「無罫フォント」および「月、火、水、木琴堂。」)を更新することで精一杯で、そうだ「水面歩行」のことを忘れていた、と久しぶりにこちらにやってきました。

もう雑草ぼーぼーですな。
のぞいてくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

私はと言えば相変わらず文房具や仕事に夢中になりながら、ハナヲと平和に暮らす日々。
今日はそんなハナヲの近況を写真でご紹介しながら、「怒り」について考えてみたいと思います。
というか、この一連の写真が気に入りすぎて単にお見せしたかっただけという…

まずこちら。
怒りのレベルは1。
ムッとすることからそれは始まります。
b0070470_1945939.jpg

次に怒りのレベル2。
先ほどとあまり変わらないように見えて実は怒りがほんのりプラス。
b0070470_1952137.jpg

さて、ここで一気に怒りのレベルが上がります。
だいたいレベル5くらいでしょうか。
俺がよそ見しているうちに消えな。
かなり苛々しています。
b0070470_1954751.jpg

ここで怒り爆発!
レベル8!
消えろゆうたやろが!
b0070470_196434.jpg

おさまらない怒り!
レベル10!
もう手がつけられない…
b0070470_1962961.jpg

今回の一連の写真を眺めておもしろいなと思ったのが、これ、かなり自分に似ています。
特にレベル5の感じが。
普段は自分を猫に似ているなどと思わないのですが、このシリーズのレベル5の写真はそっくりでは!?

いつもレベル1、レベル2と怒りを積み上げていって、自分なりに吟味して分析して、レベル5あたりではもう心の中で包丁をといでいるんですよね。
ああ、この感じ。
爆発する前の感じ。

怒りを覚えることも、それを我慢することも、なかなかにきついことではありますが、そんなときにはこの写真を思い出そうと思います。
この一瞬だけは猫のように気高くなったような気持ちに救いを求めながら。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2012-09-17 19:25 | 日記