猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

春への階段(2段目)。

比較的調子が良かったのは4月の下旬だけで、再び体調をくずしてしまった。
先月末から昨年喉頭炎になったときとまったく同じ症状になってしまい(はりさける。参照)、すわ喉頭炎かと耳鼻科で診てもらったのだが、今回は喉に一切の異常は認められなかった。

なぜだ。
こんなに喉というか胸というかが痛いのに。
飲み込む時、げっぷする時にこんなに奥から圧迫される痛みがあるのに。

やれ精神的なもんだ、花粉が原因かもしれないなどと言われてしまうとなんだか恥ずかしいような気がして、もうこれ以上病院に行くのはやめようと思うが、特に薬も処方されず、ただただ途方に暮れるばかりだ。

そしていったんはどこかに去っていた微熱がまたやって来た。
普段からぽかぽかしている人には健康的な体温でも、ヘビ体質にはきつい37度。
頭がぼんやりして、体がだるくて、すぐに横になりたくなる。

第2期ヘビ熱だな。
だいたい3回くらい熱を出して夏仕様の体になるから。
それに喉や胸や腕(神経痛)の痛みもプラスされて、唸りながら別の生き物になっていきそう。

体がこんな状態で心が健康であるはずもなく、精神状態もめっぽう悪い。
これは自分が悪いのだが、毎日何一つ頑張ってなくて(仕事とかそういうことではなく、何も生産的なことをしていないし考えてもいないという意味で)、どこに向かっているのかも分からないで、楽しいことをする気にもならないで、本当にもう最低だ。

今朝の夢の中で私はなんだかよく分からない政治家みたいな人にキレていた。
@@党の政策についてマニフェストについてキレまくっていた。
それがいかに駄目かということ、そしてそれを絶対に許さないということ、こちらにできる手段(それは文章を書くことしかないが)をフルに使って徹底的に闘うということをまくしたてていた。

キレられるべきなのは自分自身だろう。
1ミリでも前進しなければ今日は。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2012-05-04 15:25 | 日記