猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

上がったり下がったり。

職場でうれしいことがあり、普段はめったなことでは笑ったりはしゃいだりしない私も相当浮かれる。
すべての語尾に☆とか♪が付いている状態でウキウキする。

同僚も「むっちゃうれしいやろ!分かるわ!テンション上がるなあ!」と一緒に喜んでくれる。
が、次の一言が余計すぎた。

「このテンションで恋も頑張らな!」

一気にテンションが下がる。
天井にまで届きそうに跳ね上がっていたウキウキがくるぶしくらいまで下がったのが分かった。

この瞬間私の頭をよぎったのはスピッツの「三日月ロック」の中に入っている「ローテク・ロマンティカ」の歌詞の一節。

尋かれてもいないのに 秘密を安売り

ああ。
なんで私は自分の本当の弱点を教えてしまったのか。
同僚は完全におもしろがっているが笑いごとじゃない。

でもまあいい。
私の世界は穏やかに凪いでいる。
恐れることは何もないのだ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2011-10-26 23:23 | 日記