猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

初ファイバースコープ。

耳鼻科に行った。

「じゃあのどを見ますね」と医者が手にしたのは先端がちかりと光るファイバースコープ。
こ、これは…と思っているうちに鼻からずるずる入れられる。
のどを見られるときにリバースしてはいかんと思い朝食を抜いてみたが、まさしく取り越し苦労だったようだ。
優秀なファイバースコープのおかげで食道の入り口付近(喉頭)が腫れてただれているのが分かった。

が、分かっただけですぐに治るわけではない。
薬ももちろんもらったが、すぐに効くわけではない。

食事中は拷問である。
どんなにちょっとずつ飲み込んでものどをくだっていったときの圧倒的な痛みよ。
もう食べるのをやめようかなと思うが、お腹はすいており、我慢して食べるが、文字通り七転八倒。
大人なのに本気で泣いてしまう。
馬鹿みたいに痛いのだ。

この年でまだ経験したことのない痛みがあったとは。
個人的な痛みランキングのトップスリーに急浮上。

もちろん食べていないときも痛い。
ずっと誰かに首を絞められているみたいな圧迫感が続く。
それに加えて全身の倦怠感。
やがて朦朧とし始め、寒気まで。

帰りたい帰りたいもう帰らせてもらおうと思いながら言い出せず、結局最後まで働く。
帰宅後熱があることが分かる。

明日も熱があったら絶対に休もうと心に誓う。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2011-04-06 23:30 | 日記