猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ヒエラルキー。

毎日頑張って働いております。
時にはひどい言葉を投げつけられながら。
接客業の宿命ですな。
仕方ないとは思えどゆるしてはいない。

ときどき店員にえらそうにすることがかっこいいと思っている人がいるけど、救いようがない。
狼にでも育てられたのか。

店員を呼ぶときの第一声が「オイ」(大声)の人。
会計のときに商品を叩き付ける人。
お金をお皿に投げる人。

こちらに非がある場合はともかく、お客さんが苛々している経緯がまったく不明なときはどうしたらいいのか。
いい大人が情けない。
中には履歴書を買っている人などもいて、ここは笑うとこなのだろうか。

あと、これは仕方ないのかもしれないけど、携帯で電話しながらあごであれこれ指示して来る人や、イヤホンのせいでこちらの言葉が耳に入ってないので大きな声で話しかけたら(領収書の宛名など)すごく嫌そうにされるとかも意味不明だ。

販売店員なんてヒエラルキーの最下層だ。
それでもいい。
そこでできることを精一杯すれば人間としては最下層だと思っていない。

それでも疲れることは疲れる。
何度生まれ変わっても店員を馬鹿にしない人間になりたい。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-12-21 08:43 | 日記