猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

居酒屋夕食への憧れ。

見た目も中身もおそらく栄養的にも合格点の弁当を昼食に食べ、それだけでは足りないのでメープルメロンパンを2つ追加。
夕食には昨日のミネストローネをスープ皿いっぱい。

全然足りん。
これじゃ太れん。
それ以前に満足してない。
もっとジャンキッシュなものを。

最寄り駅の改札を出てから家に向かうまでの地下の飲食街を恨めしげに眺め歩く。
天ぷらや串カツの油のにおい。
お好み焼きのソースのにおい。
ああ、際限なくあげもんばっかり食べたい。
あげもんと白いごはんをもくもくと食べ続けたい。
ソースとかこってこての、あとでのどがからっからになるようなもんばっかり食べたい。

ダイエットとかややこしいことをしていない人で気の合う人がいたら毎日徘徊したいくらいだ。
でも知り合いの大半はダイエットとかややこしいことをしていて(当社比)、いや、そんなことをしていなくてもいろいろ調整がややこしくて、気まぐれや極貧や物理的な距離やお互いの予定などの調整がややこしくて、ああなんて面倒くさいんだろ考えていたら頭にきて猛烈にいらいらしてしまった。

一人で行けばいいともちろん思う。
一人は真実素晴らしい。
でも一人のいいところはひたすらぼっとできるところだ。
外に食べに行ってなおかつ一人でぼっとできる域に達するまでにはかなり時間がかかるだろう。
それが少々気が重いのだ。

でもまあ頑張ります。
一人居酒屋でごはんを食べたりできるちゃんとした大人の人間になってみせます。
今私の中で旬の居酒屋「坐・和民」のメニューを定食風に並べ替えてみる。
ビールなんか飲まへん。
いただきますするときから白いごはんがきちんと並んでいる居酒屋夕食というのを近々試みてみるつもりだ。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-01-25 22:58 | 猫町フミヲの胃袋万歳!