猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

猫町食堂。

冬休みが終わり、ばたばたと始まった日常にやや振り回された感のあった先週は、作る料理作る料理どれも失敗で、肉じゃはがぐずぐず、十八番のかぼちゃの煮付けまでもが崩壊するありさま。
歯ぎしりするような思いで情けない弁当を食べ続けるはめになった。
リベンジせいでか。

今日はまず昼食から。
ぐずぐずになった肉じゃがに玉子を混ぜ、オムレツにしてしまう。
作っている最中は、おとぎ話等に出てくる悪い魔女があやしげなものを作っているようにしか見えなかったが、出来上がってみるとじゃがいものほくほくした、だしのきいた素晴らしくおいしいオムレツに。
猫町食堂(100年後くらいにオープンする予定の、『深夜食堂』みたいな食堂)のメニューに加えよう。

そしてメーンは、明日からの夕食&明日からの弁当のおかずたち。
綿密に計画を立て、買い物リストを作り、北へ東へ、南へ西へ、自転車をこいで買い物しまくり。
そして数時間台所に立ちっぱなしで完成させました。
鍋一杯のミネストローネ。
じゃがいもとにんじんのきんぴら。
見た目も完璧なかぼちゃの煮付け。
鮭も数匹焼いたし、いつでもキムチ鍋ができるように豚バラ肉を小分けして冷凍庫に入れたし。
これで週の真ん中あたりに茄子の炒め物と、鶏モモのからあげ風を作れば完璧。
かかってこい月火水木金土。

ところで先日休憩室にあった南海電車のフリーペーパーで、柴崎コウが「“料理すること”は運転や作詞と似てる。日常的だけど、集中力が増す作業です」と言っていて、まったくそのとおりだと思った。
私が料理をするのが好きなのは、たぶん集中するのが好きだからだ。
好きというよりも自分の性質に合っているのだと思う。

趣味:集中。
特技:集中力。

みたいな感じなんじゃないかと思う。
完全に自分だけの世界の中で、目の前のことに集中してひとつひとつこなしていくこと。
すべてが終わった時に俯瞰すると、美味しい料理ができている。
作っている最中はただただ自分が楽しくて、作り終わったら美味しいものができている。
なんて素晴らしいんだ。

完璧なミネストローネであったまると、100年後と言わず、本当に猫町食堂をオープンさせたくなってしまうが、資格とかお金とか、いったい何個コンロがいるのかとか、どれくらいの食材を仕入れて、どれくらいの作りおきがあって、どの程度その場で作るのかとか考えたら、いや、それ以前に私には右手中指のドラゴンが…
実は先週からすでにドラゴンはどえらいことになっており、人差し指にまで勢力拡大中。
ぱっくりと割れて、もはやアトピーなのかあかぎれなのか分からない状態に。
薬を塗り込んで手袋をはめて眠る日々。

「ドラゴン大暴れにつき臨時休業」

たぶんそんなんばっかり。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2010-01-24 23:03 | 猫町フミヲの胃袋万歳!