猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

キリンと室伏広治。

広くて誰もいない動物園の中を、何の動力で動いているのかよく分からない乗り物(というか立っている地面がどんどん動く感じ)がぐるりと案内してくれる。
首の長いキリンがいる。
とにかく首が長い。
首だけで10メートル以上もあるくらい異常に長いが、そんなものだと思っているからキリンだキリンだと思っている。
圧倒的な長さの首の先にいつもの優しくおだやかな表情のキリンの顔が見える。
瞳がとてもやさしい。
静かな感動が心を満たす。

ユングの夢分析なら「キリン」や「首」からの連想を聞き出そうとするだろうか。
キリンはちょっとよく分からないが、首ならある。

必要に迫られ昨日証明写真を撮ったのだが、その出来上がった写真はうっすらと室伏広治を連想させた。
全然似ていないのだが、室伏的にたくましくなってしまうかもしれない自分の姿が脳裏をよぎった。
恐ろしかった。
どうしよ…
あんな首になったらどうしよ…

たぶんそういう意味じゃないですよね。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2009-09-06 13:15 | 夢日記