猫と相撲と文房具(ときどき野球)。猫町フミヲの妄想の日々。


by nekomachi_fumiwo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

午前7時から8時の間に見た世界。

其の一。
何かの乱闘があり、A軍、B軍がにらみあっている。
明らかに何かの格闘技かスポーツをやっているようなものすごく太くがっちりした女の人がA軍の戦いを優位に進めており、それにしびれを切らしたB軍の男性の一人がその女の人に殴りかかる。
いくら屈強でも、男性は女性を攻撃していはならないという暗黙のルールがあったようで、あちこちからいっせいに悲鳴が上がる。
不意をつかれたA軍の屈強女は男性の攻撃をまともに受ける。
しかしそこはなんとかもちこたえ、再度反撃に出るが、いつもの力を出すことはできなかったようだ。

屈強女の劣勢を見るや、B軍からは歓声が上がり、このままやっつけてしまえとの声が上がる。
しかしB軍の女性の一人が、やはりこれはフェアじゃないと反論。
だがもうB軍の「デブ!デブ!」という罵声にその声はかき消されてしまう。
そうこうしているうちに、屈強女が捨て身でB軍に殴り込んで来た。
袋だたきにしようと複数の男性が待ち構える。
そこへ先ほどフェアじゃないと反論した女性がとめに入る。
「彼女(A軍の屈強女)はただのデブじゃない」
実はこの女性もB軍ではかなりの手だれであった。
が、体格に差がありすぎた。
B軍の女性は小柄であった。
「(腕の)リーチが…」という言葉を残して、B軍の女性は吹き飛ばされる。

其の二。
新しいところに引っ越して最初の夜が明ける。
窓を開けると少し離れたところに民家が見える。
ジャージを着た男の人が屋根の上で腹筋をしている。
てっきり高校生ぐらいの少年かと思うと、その家の主であるらしいおじさんである。
腹筋するたびに屋根がべこべこへこむ。
安普請なのか…と思いながら見ていると、漆喰のくずれかけたところからその家の子どもたちが屋根にわらわら出てきて遊び始める。
ネズミみたいだなあと思うが、その家の事情があるのだろうと深く考えるのをよす。

そうこうしているうちにNTTの人が来る。
ADSLの工事である。
工事は多人数でやって来て、その中の一人、松山ケンイチがリーダーであるらしい。
初日に(ガスの開栓等)特に何もしなくても風呂に入れたことを言うと、「前の人がイリジウムを入れたまま行かれたんですね」などという(イリジウムは万年筆のペン先に入っている玉。風呂とは関係ないと思う)。

松山ケンイチはあとの作業を部下たちにまかせ、私の身の上話をあれこれ聞く。
さっき見たネズミの一家のことが頭をかすめたので、またえらいところに引っ越して来てしまったかも…みたいに言うと、松山ケンイチは同情し、案内と元気づけに近くの文房具屋に連れて行ってくれようとする。
文房具屋で働いている文房具マニアにおすすめできるような店じゃないんだけど…と言葉を濁すが、私はすでに興味津々であり、早く教えろ、どうやって行くのか、西にあるのか、東にあるのか、と騒ぐ。
車で連れて行ってあげましょうということになるが、そこで松山ケンイチは再度ためらう。
誰かに気をつかっているらしい。
「ブラジル2号が最近ちょっと乗ったもので」
みたいに小声で言ったのを聞き逃さなかった私。
「彼女ですか」
と聞くと否定するが、まあそのようなものであるらしいと感じる。
そんなの気にしないのになあと思いながら、松山ケンイチと並んで歩く。
[PR]
by nekomachi_fumiwo | 2009-07-23 00:54 | 夢日記